団体パーキング保険とは

当協会会員向けに「駐車場管理における安全対策の更なる普及促進」を目的として、東京海上日動火災保険(株)とともに開発中の保険商品です。

保険誕生の背景

当協会は、国土交通省がすすめる、「機械式駐車場の安全対策の手引き」をはじめとした、駐車場事業者の安全対策に関する政策を後押しするため、東京海上日動火災保険(株)と共に、会員の安全対策の実施状況に応じ割引を適用する保険の仕組みを考案しました。

国交省が策定した管理者向け自己チェックシートを基に、当協会が本制度の為に機械式のみならず他の方式の駐車場も対象とするオリジナル設問を設けた「安全対策割引チェックシート」の合計評価点に応じ、割引を適用する画期的な仕組みとなっています。

これにより、当協会独自の割引と商品を兼ね備えた新しい保険制度が誕生します。

oprator

団体パーキング保険のメリット

  • 団体割引に加えて、安全対策割引・駐車場の保管台数の規模に応じた規模割引といった独自の割引が適用になります。
  • 従来、個別に契約していた自管賠と施設賠をセットで加入することも可能となります。
  • また、業界初となる「放置車両対策保険」により、放置車両の撤去に伴う各種費用を補償します。

※ 全日本駐車協会、東京海上日動火災保険(株)調査によるものです。

今後のスケジュール

平成30年2月1日から募集開始、4月1日の制度開始を予定しております。

ご契約(ご加入)にあたって

このページは団体パーキング保険の概要についてご紹介したものです。ご不明な点は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

東京海上日動火災保険株式会社

公務第一部公務第一課

  Tel  03-3515-4122

17-T05610(2017年9月作成)

その他のコンテンツ